本文へ移動
 R6.4.10 黄色い帽子の贈呈       
  (御船が丘小学校)
R6.3.30 「共生型ふれあい交流事業」開催
R6.3.20 「おやこdeなぞときクエスト」 開催
      武雄高校ボランティア部から
   白い羽根募金とペットボトルキャップ
    を届けていただきました。R6.6.4 
 R6.5.23 武雄高校 吹奏楽部から
 能登半島地震災害義援金を届けていただきました
 武内町で集められた能登半島地震災害義援金を
 届けていただきました。(令和6年5月8日)
 武雄中学校生徒会から学校で集めた
 能登半島地震災害義援金をいただきました。
 (R6.5.21)
 武雄高校ボランティア部から能登半島地震災害義援金
を届けていただきました。R6.3.12
   
  武雄町でお寄せいただいた能登半島地震
  災害義援金を届けていただきました。
          (令和6年3月18日)

社協事業の近況報告

手話体験にワクワク!山内東小学校
手話体験と車いす体験を行いました
 10月27日(木)、山内東小学校4年生23名の皆さんと「手話体験」「車いす体験」を実施しました。実施前に校長先生・担任の先生とお話する機会があり、生徒の皆さんは手話体験と車いす体験をとても楽しみにされており、中には事前に指文字を勉強している子もいると伺いました。今話題のドラマの影響も大きいようです。

 今回、手話体験の講師として初めて平方さんが務めてくださり、童話「うさぎとかめ」を「手話を見て話しを想像してみましょう」と披露され、手話だけではなく平方さんの表情の豊かさにも真剣に見入っていました。その後も、平方さんや武雄手話の会の皆さん積極的に質問をして手話を習ったり、自分の手話が通じるか試したりする光景が多く見られました。

 車いす体験では、体育館出入口のスロープを体験することで、普段スロープの存在をあまり意識していなかった生徒の皆さんにスロープ設置の意味を少しでも感じてもらえたように思います。

 後日いただいた感想には「耳が聞こえなくても、ふつうのみんなとの生活と同じことが分かりました」「災害の時は教えたい」「車いすだと道のガタガタが感じやすい」等、たくさんの意見が書かれていました。手話・車いす等まだまだ福祉について興味いっぱいの山内東小学校4年生の皆さん、これからも気になったことは積極的にどんどん調べてみてくださいね


  
  

本所 
山内支所
社会福祉法人武雄市社会福祉協議会
 
■本所
〒843-0023
武雄市武雄町大字昭和846番地
TEL 0954-26-8013
FAX 0954-26-8014
mail:takeo631@cableone.ne.jp
 
■武雄市生活自立支援センター
〒843-0023
武雄市武雄町大字昭和846番地
TEL(相談専用) 0954-26-0708 
TEL(事務用) 0954-26-8119
FAX    0954-26-8014 
 
■山内支所
〒849-2303
武雄市山内町大字三間坂甲13887
TEL 0954-45-2366
FAX 0954-20-7172
 
TOPへ戻る